しりげり〜な☆

しりげ姫です。姫御子です。30代後半に突入したリアルなメスの慟哭がここにある。

しりげ姫バンド戦記 その25『ライブ4回目』

ライブ4回目!
結成4年目でようやく4回目!

in 2010.7

 

 



本格的ライブハウス

梅雨が明け、本格的な夏(クッソ暑い)がやってきた時期のライブ。
我々の3回目ライブに来てくださった、ライブハウススタッフ(出禁済)の方が企画されたライブイベントです。

会場はプロが来る規模の、大きなライブハウス。

「おお〜広い!」

これが本格的な『ライブハウス』…!!

対バン相手はロックバンドばかりです。
場違い感が半端無いんだが?(^o^)
助けて欲しいのだが?(^o^)
リハで「見んといて!見んといて!!」と心の中で絶叫してました。

リハ後、オーナーが音響の人に「ベース、上手いから音少し大きめで」と指示していました。
マジか…基地筋、認められてんじゃん!


ここでスペシャルゲスト!!
なんと!
このクソ暑い中、ひたなそが遠路はるばる我々のライブを観に来てくれました!

f:id:shirigehime:20200722103717j:plain


久しぶりに会うひなたそに、しりげ姫・基地筋・極限メガネはテンションアゲノフ!
彼女と初対面のBJ(感情が無い)・普通子さん・ナルミちゃんに、ひなたそを紹介しました。

筋「元ボーカルの子だ!当時はかなりお世話になったんだぞ!」

姫「せやぞ!崇めろ!」

ひ「はじめまして(*´∀`*)」

B&普「はじめまして〜(*´∀`*)」

ナ「…はじめまして(-_-)」

おやおや?
ナルミンの様子が…?


ライブ本番

ツインボーカルの2人は、マクロスFシェリルとランカで衣装を合わせていました。
でもマクロスFの曲は演奏しません♡

f:id:shirigehime:20200722102001p:plain

初めての本格的コスプレに、テンションがあがる普通子さん。
現役レイヤーのナルミちゃんが、彼女の着替えを手伝ってあげていました。

普「私、似合うかな…?💦」
ナ「似合いますよ〜!普通子さん、美人だし!」

ナルミちゃんの本心だと思いたい。



しりげ姫は銀魂『猿飛あやめ』をやりました。
オーナーから「メガネ、似合ってるね!」と言われて嬉しかったです。

f:id:shirigehime:20200722102517j:plain

※ウィッグは被ってません(暑いから)


●セットリスト

  1. 洗脳・搾取・虎の巻(ヴァジアルサーガ)
  2. 超妻賢母宣言(狂乱家族日記
  3. 初音ミクメドレー『メルト、ワールドイズマイン、ブラックロックシューター』
  4. Cagayake!GIRLSけいおん!
  5. Wonder momo-i(桃井はるこ
  6. SKILL(JAM Project


今回からツインボーカルを活かして、電波ソングをぶち込みました(^o^)
しりげ姫、電波ソング難しくて嫌いなんですけどね、物凄く簡単にして叩きました♡
ふみゅう♡

アニソンバンドでドラムと言うと「凄い!上手いんですね!」と過度な期待をされる度に、しりげ姫の心はプレッシャーで死んでいくのだ!

勘違いも甚だしいのだ!
しりげ姫は簡単にして叩いているだけなのだ!
そして期待した者共を絶望の沼に沈めるのだ!
それがしりげ姫の現世での役割なのだ!

初めてのライブなのにMCを頑張った普通子さん、ギターでは初めてのライブになったBJ、お疲れ様っす!
えっ、ナルミちゃんですか?
彼女のライブに関する記憶が無いです!
しりげ脳が彼女の記憶を不要と判断し、消去に至ったのだと思われます!

本番後

ナルミちゃんは「ウィッグ被った後の髪の毛がボサボサになるので、普段遣いができるウィッグを用意した方が良い」と普通子さんにアドバイスしていましたが、普通子さんはショートヘアーなので不要でした。
ナルミちゃんが所持している普段遣いのウィッグは、小柄な彼女にとって大きすぎたようで、彼女は精子の様な髪型になっていました。
亀頭をも超越する精子

f:id:shirigehime:20200809145047j:plain
精子(殆どがティッシュの中で死す)


私がライブに呼んだ会社の女性が「あの子の頭、ウィッグだよね!?そうだよね!?」と確認しにくるレベルで精子ヘアーでした。


ライブ後のナルミちゃんは、彼女がライブに呼んだ人達とずっと話ししていました。
彼女達が話しているのを、ぼんやり横で聞いていたしりげ姫。
彼女の友人たちは彼女に色々質問していて、ナルミちゃんが答えに窮した時に、私が助け舟を出しました。

客「◯◯って◯◯なの?」
ナ「えっと、それは……」
姫「それは◯◯なんですよ〜(*´∀`*)」
客「え?はぁ…」
ナ「………」

何だお前?な空気が漂いました。

またオレ何かやっちゃいました?(動悸)

ナルミちゃんの『話に入ってくるなよ』オーラを察知し、すぐに彼女達から離れました。
ナルミちゃんがそんな感じなので、私はひなたそ達と話していました。

f:id:shirigehime:20200731222420j:plain
↑ひなたそ(左)と、妊婦のような服を着ているが胎内に誰もいないしりげ姫(右)
真ん中は41歳ドフラミンゴ

ナルミさん…ついに…

ライブが終わり、ひなたそを交えて身内だけで打ち上げしようぜ〜となりました。
が、ナルミちゃんは不機嫌な顔をして

「わたし、帰ります!」

と、コチラが何か言う前に、一人でさっさと立ち去りました。

f:id:shirigehime:20200717114040j:plain


帰っちゃったよ…
しりげ姫、ナルミちゃん突然の帰宅を『ひなたそへの嫉妬心&自分をチヤホヤしてくれなかった事へのイラ立ち』だと察知しました。
しりげ姫も、彼女のひなたそに対する態度にイラついていました。
こんなメスとやってられんわ。

姫「筋肉ダルマ」

筋「どうした?」

姫「あの子、クビね」

筋「わかった(即答)」


とりあえずナルミちゃんは放っといて、残りのメンバーで打ち上げしました。
ひなたそはナルミちゃんからの敵意を感じていたらしく、
「私、何かしたかな…(´・ω・`)」
と、気にしていました。
可哀想。


基地筋がナルミちゃんに「ユー、クビね」的な丁寧メールを送りました。
ナルミちゃんからの返信には、言い訳が綴られていました。

「皆さん、ひなたそさんばかり構って…私、それが悲しくて…」

f:id:shirigehime:20200722115249g:plain
ひなたそに最初から喧嘩腰だったくせに、よく言いますわ。
ナルミちゃん的には、自分が一番目立って「ナルミちゃん!良かったよナルミちゃん!」とチヤホヤされる未来が見えていたのかもしれません。
彼女こそオタサーの姫
いやオタサーの姫は感情を殺して愛想振りまくから、彼女はオタサーの姫ですらない。
ただ、サブビッチさんと違って肉欲闇メンヘラ型じゃ無かったのが救いです。
自滅型タイプでした。


ナルミちゃんがいなくなり、一ヶ月後に迫った名古屋ライブでは『一人ボーカル』で挑まなければならなくなった普通子さん。
「頑張る!」と猛練習する彼女は、とても頼もしかったです。

あ〜ナルミちゃんいなくなって良かった〜


名古屋ライブに向けて練習がんばるぞ!!

f:id:shirigehime:20200723144948p:plain

 

余談

3回目のライブの後のお話です。
基地筋はこのライブハウススタッフ(出禁済)「うちのライブイベントに来てください」と誘われました。
「うちらのライブに来てくれたし、行こうか」とイベントの内容を把握せず、しりげ姫と基地筋の2人で行ってきました。
しりげ姫は、私の演奏を『音が小さくて迫力が無い』と事実をmixiに書いた彼に苦手意識がありましたが、耐えました。

f:id:shirigehime:20200723132139j:plain


出演バンドはオリジナルバンドばかり。
正直に申し上げますと、しりげ姫はオリジナルには全く興味が無いので、後ろの方でぼんやり見ていました。
ライブの内容はあまり覚えていないのですが、唯一覚えているのが、ボーカルのお姉さんがMCで

I hate war…!
I hate war…!

訳:私は戦争が憎い

と、手を顔にあてて苦しそうに呟いていた事です。

f:id:shirigehime:20200715170616j:plain



ライブ終了後、会場が明るくなり
「さぁ!会場で気になった方がいたら、是非話しかけてください!」
というアナウンスが流れました。

f:id:shirigehime:20200717114040j:plain


突然の合コンタイム!

困惑する我々に、スタッフ(出禁済)「すみません、こんなハズじゃ…💦」と詫びを入れてきました。
我々はさっさと帰りました。


今日この出来事を思い出して、余談としてブチ込みました(^o^)
ライブハウスのHPで当時のライブ情報を確認したら「合コンライブパーティーでした。
以下、HPから引用

これはライブなのか?お茶会なのか?コンパなのか?この日は紅茶とコーヒーをトークを楽しみながら余興としてライブ!そして別会場にて二次会も完備!女性は二次会割引特典あり!


あの野郎、最初からメス目当てで呼んだな(^o^)
スタッフが内容を把握していないわけ無かった(^o^)
残念だが当時の3回目ライブにいた『ひなたそ』は婚約中だし、ハート様は脱退済だし、『しりげ姫』に至っては自称:新世界の神だ。

トークって…何かあったっけ?

I hate war…?

その25 完。