しりげり〜な☆

しりげ姫です。姫御子です。30代後半に突入したリアルなメスの慟哭がここにある。

しりげ姫バンド戦記 その26『ライブ5回目@名古屋』

今からちょうど10年前です。
全てが楽しかった記憶しかない名古屋ライブでした。

あの頃に戻りてぇ…… (^o^)

in 2010.8

 

 



さらば富山、こんにちは名古屋

やってきました名古屋ライブ!!
バンドメンバーに加えて、C氏(健康な女性がタイプ)もお手伝いで参加してくれました。
画像の殆どがC氏撮影のブツです。感謝!

合計6名、朝早くに集合し、レンタカー尾張小牧ナンバーの白ヴェルファイアを借りて名古屋までGOGO!!
尾張小牧ナンバーだったら警戒されて煽られる心配が無いね!(^o^)

f:id:shirigehime:20200807214948j:plain
ヴェルファイアに機材を乗せるオス共



高速道路で移動中、途中SAに寄り無駄に胃袋を膨らませていました。

f:id:shirigehime:20200810215647j:plain


岐阜県を抜け愛知県へ入り、名古屋市に颯爽と舞い降りた田舎者共。
全員が富山出身富山在住富山以外に住んだことがない糞田舎者共!
名古屋の都会っぷりにバイブスあがりっぱなしで、恥ずかしいったらありゃしない!(。>﹏<。)💦💦

車内でキャンキャンしていたら、いつの間にかホテルに到着していました。
筋肉ダルマ&C氏、運転お疲れ!

f:id:shirigehime:20200807215956j:plain
↑ホテルのロビーで真面目に会議しているのかとおもいきや、飯屋を真剣に探す連中



楽器を持って、いざライブハウスへ!

徒歩で!

灼熱の炎天下、重いキーボード(88鍵盤)を背負って運ぶ極限メガネが、非常に辛そうにしていたのを覚えています。
C氏がキーボードスタンドを持ってあげたりして、手伝ってあげてました。

f:id:shirigehime:20200807220240j:plain



ライブハウスへ


ライブハウスに到着し、都会のライブハウスに戦々恐々するかと思いきや、「あ〜涼しい〜」と極楽を味わう田舎者達。

f:id:shirigehime:20200807220429j:plain
↑所在なさげに隅の方で固まるカッペ共

f:id:shirigehime:20200807220524j:plain
↑C氏の後頭部に股間を押し付ける筋肉ダルマ
右にいるのはニヤついている極限メガネ


イベント主催者の大喜マンさんにご挨拶。
大喜マンさんは我々の為に、交通費を負担してくださいました…こんなゴミバンドに…申し訳ない…。

対バン相手の有名ニコ動奏者さん達にもご挨拶。
さ・ら・に!!
今回のイベントに超大物ゲストが!

超有名声優さん!!

f:id:shirigehime:20200722135809j:plain

しりげ姫がお会いした事がある有名人は、超有名声優さんと、JKの時の文化祭に来たムツゴロウさんだけです。
ベジタッッ!

リハが終わり、暇だったので最寄りの家電製品店に行ったり、何らかのお祭りを観察していました。
「へぇ…これが…名古屋…か。」

f:id:shirigehime:20200810220242j:plain


本番前でめちゃくちゃ緊張している一同。
だって名古屋だぜ?
そりゃ緊張もするんだぜ?
しりげ姫は衣装に着替える際に「くぅっ…!腹の贅肉が邪魔や!!」と悪戦苦闘しました。

f:id:shirigehime:20200807220805j:plain
↑鏡に映るしりげ姫に注目

 

本番

f:id:shirigehime:20200807221116j:plain

衣装と曲は前回のライブと同じです。
ただツインボーカル→1人ボーカルになっています。
普通子さん、お疲れ様でした。

●セットリスト

  1. 洗脳・搾取・虎の巻(ヴァジアルサーガ)
  2. 超妻賢母宣言(狂乱家族日記
  3. 初音ミクメドレー『メルト、ワールドイズマイン、ブラックロックシューター』
  4. Cagayake!GIRLSけいおん!
  5. Wonder momo-i(桃井はるこ
  6. SKILL(JAM Project

 

f:id:shirigehime:20200807221151j:plain
↑女性用ウィッグが異様に似合う事が判明したBJ


本番後

着替えて会場に戻り、他のバンドの演奏を見ていました。
ニコ動の『演奏してみた』界隈屈指の奏者達が集まって結成されたバンド。

すげぇ……

何これ、CD音源そのままの、完コピじゃない……
本番でこのレベル……感動した。

f:id:shirigehime:20200811215647j:plain


ライブが終了し、しりげ姫は「楽しかった〜!!」とウッキャウッキャしていましたが、筋肉ダルマは凹んでいました。

姫「どうした基地外!元気ねーぞ!」

筋「しりげ姫…俺たち、こんなレベルじゃ駄目だ…もっともっと練習しなきゃならん!!」

姫「嫌だ!\(^o^)/」

筋肉ダルマは他バンドの圧倒的にレベルが高い演奏を見て、いかに自分らが井の中の蛙状態だったか思い知ってしまったらしい。
すまん基地筋、貴様以外のメンバーは、ただの一般人なんや。
あのレベルまでいくなんて、無理なんや。

f:id:shirigehime:20200810221054j:plain
↑凹む基地筋にウザ絡みするしりげ姫
※基地筋は悲しそうな顔をしている


真夏の夜の打ち上げ


シャレオツなイタ飯屋を貸し切っての打ち上げでございます。
基地筋は大喜マンさんに「唐揚げが、食べたいです…!!」とリクエストしていて、イタ飯屋なのに唐揚げが出されるという異様な空間になっていました。

今まで身内の打ち上げしかしてこなかった我がバンド。
初めて対バン相手との打ち上げになります。
緊張で脇汗・ケツ汗がヤバいし、サンダル履いていたら足の甲を蚊的な虫に刺され、猛烈な痒さがしりげ姫を襲っていました。
毎度毎度思うんだけどよ、痒み成分をお土産に残していくんじゃねーよメス蚊が!

f:id:shirigehime:20200807221830j:plain
↑1人厳かに痒みと戦うしりげ&メガネ


他のバンドの方々も次々と合流し、メンバーごちゃまぜで打ち上がっていました。
私は現在プロになっている某ドラマーの方と、お話できました。

f:id:shirigehime:20200807221957j:plain
↑ドラマーの方とお話するしりげ
※手首にシュシュを付けるのが当時のトレンドだったんだよ。本当だよ。

緊張のしりげ姫、大陰唇を震えさせながら「凄かったっす!完コピレベルで凄かったっす!」と、ただひたすら本心を言うマシーン化してました。
彼はドラム演奏のコツを私に教えてくれましたが、正直緊張して何も覚えていません!


基地筋は元々繋がりがあるニコ動奏者達(男)の前に立ちはだかり、彼の特技「蛍(陰毛に火を灯す)」を披露していました。

f:id:shirigehime:20200807222047j:plain
↑伸びる腕は、基地筋の奇行を止めようとする普通子さん

被害に遭った男性陣は毛が燃えるニオイで「臭い!臭い!」と訴えており、見えない位置にいたメス達は「そんなに!?」と驚いていました。
多分メス達は、毛が燃えるニオイじゃなくて「基地筋の男性器のニオイ」ムワァ…と立ちこめたのだと勘違いしていたんだと思います。
いや、私だけか…。


某有名声優さんと記念撮影できました。
私は彼の隣を陣取りました(^o^)
あとサイン頂きました!
完全なる初対面なのに『愛するしりげ姫へ』と書いてもらいました!

f:id:shirigehime:20200810221451j:plain

上段:有名声優さんとの記念撮影(顔を隠しまくって、もはや何がなんだか分からなくなっている)
下段:大喜マンさんバンドの方々に乳首をいじられ絶頂寸前の基地筋

打ち上げが終わり「楽しかったねぇ!」とニコニコしながらホテルに戻りました。


翌日


翌日は名古屋観光です!
長蛇の列をお作りあそばせていた矢場とんで昼食!
うめぇかったです!

f:id:shirigehime:20200810221728j:plain


帰り道に『ひるがの高原SA』に寄りました。
北陸の灰色がかった青とは違う、済んだ青空に感動する裏日本在住者達。

f:id:shirigehime:20200810221811j:plain

上段:バンドメンバーで記念撮影
下段:基地筋とBJがお互いを撮影しようと警戒している横で、遠くを見つめるしりげ姫

f:id:shirigehime:20200810222029j:plain


上段:恋人同士のようにソフトクリームを舐めあげる基地筋とC氏
下段:ジャスト10年前のしりげ姫(お肌の曲がり角の第一波が訪れる直前の危うい若さ)

富山に着いて、レンタカーを返却。
バイバイ尾張小牧……(´・ω・`)

スタバァのテラス席で、夕日を浴びながらライブ動画を皆で見てました。
今の酷暑だったら絶対に無理。

その後は焼き肉を食べながら色々語って、解散しました。

f:id:shirigehime:20200810222720j:plain

上段:スタバァのテラス席。基地筋のタオルは絶対臭い。
下段:牛なのか豚なのか鶏なのか分からず、ゴムのような肉を適当に食べるしりげ姫(左)



楽しい名古屋ライブ&名古屋旅行でした(^o^)


こんなに楽しい事が、ずっと続くものだと…
そう思っていました…

しりげ姫の人生のピークでした……

f:id:shirigehime:20200731111109p:plain

その26 完。