しりげり〜な☆

しりげ姫です。姫御子です。30代後半に突入したリアルなメスの慟哭がここにある。

しりげ姫バンド戦記 その36『ベーシスト』

メンバー探しは続く…と思われたが…!?

2014.6〜7

 

 





ベース希望者現る

メン募サイトから「ベース加入希望」の連絡が来ました!
今度はちゃんとファミレスで事前顔合わせしました。
転勤で富山に来たばかりの若い男性で、ベースをやりたい・知り合いが欲しいという事で応募してきたようです。
ただ本人は「演奏レベルは初心者に近い」事を気にしていました。
大丈夫大丈夫!(^o^)
しりげ姫&BJ(概念)は初心者から始めましたからね!
それにしても会話が成立するって素晴らしいわね!
糞キーボード希望者がいかに糞かわかるわね!(呪)

スタジオに来てもらい、我々の演奏を見てもらいました。
演奏曲はRising Hopeです。

ベ「あ、あの…僕、無理です…」

「え!?」

ベ「自分のレベルでは、お役に立つことができません…」

「そ、そんな……!!」

彼から、演奏技術の面で断られました……。

Rising Hopeじゃなくて「僕はロリコンを披露していれば良かったのか…!?(尚悪い)

youtu.be


今考えたら、初心者で耳コピ&3音半下げ〜4音下げは苦行でしか無いよね……。
それとも我々3人の異常性を見抜いたの…?
ご縁が無かったということで、残念ながらベース加入に至りませんでした。

f:id:shirigehime:20200719180806p:plain



男の娘ベーシスト

基地筋がTwitter「富山 ベース」と検索して、ベーシスト探しを開始しました。
そしてバンド&ベース経験者の男性を発見。
基地筋は丁寧に「アニソンバンドでベースやってくれんけ?(要約)」と、彼にメッセージを送りました。
しかし返事は来ません。

「駄目か…」

と思われたその時…!!

「お返事が遅くなって申し訳有りません。バンドのお話、興味があります」

f:id:shirigehime:20200629221123j:plain

筋「ベースしてくれるかもしれん人、Twitterで見つかったぞ!早速顔合わせだ!!」

BJ「お゛お゛ッ゛!?やりましたね!」

姫「やったぜ!彼のTwitter垢教えて?」

筋「変な事するなよ?(警戒)」

姫「身辺調査だよ…キヒヒヒ…」

しりげ姫は特技のSNS掘り掘り』を開始しました。
当時24歳の若い彼、Twitterには大学生時代からのツイートが残されておりました。

『シャーマンの血を引くしりげ姫の「香ばしさセンサー」反応したら、加入は反対するぜェ……??』

f:id:shirigehime:20200713180316p:plain



………
センサー反応無し。
大丈夫そうだ(^o^)

ベースの彼とファミレスで顔合わせしました。
BJは連続アクメで下半身が一時麻痺したか何かで不参加です。

ファミレスに現れたベーシスト君。
(以後『逃げ恥君』とする命名は彼の友人

顔立ちが整っている細身の長身です。
これはイケギタ君に通じるものがあります。

メンヘラに好かれそう……

私の逃げ恥君に対する第一印象はこれでした。

あと当時の彼は、前髪が顎に達するぐらい長かったのでV系?」とも思いました。
アニソンバンドだけど大丈夫なのか…
本当に大丈夫なのか…

まぁ彼は重度のアニオタだったのですが(^o^)

顔合わせは上手くいき、スタジオ練習に来てもらう事になりました。

筋「スタジオ練習の日はですね…」

逃「あっ、ちょっと待ってくださいね!」

逃げ恥君はカバンからスケジュール帳を取り出し、メモし始めました。

筋&姫「若いのに、やるじゃん!!」

逃げ恥君の真面目さに感心する二匹。

f:id:shirigehime:20200716214640g:plain


逃げ恥君はなんと、地下まこがMCで「富山でベース募集しているバンドがいる」と宣伝してくれたアニソンイベントに来ていました。
その時友人から「お前いけよ!」とプッシュされていたみたいです。
あの会場で、我々はすぐ側に居たんだね…。
運命、感じた。

スタジオ練習見学も滞りなく終わり、正式に加入して頂けました。
逃げ恥君はBJと同様、最後までバンドメンバーでいてくれました。
ありがたや…。

f:id:shirigehime:20200722103717j:plain


これでメンバーは安定しました!
メン募は終了です!!
キーボードは仕方ない!

諦めろ!

基地外筋肉ダルマは無事、ギターボーカルへ移行できました。


今思えば、我々はメン募サイト系とは相性が悪かった…。
最終的にバンドメンバーとして残ったのは、友人・知人・SNS絡みの人達ばかり。
今は『素性がよく分からない自己申告メン募サイト』よりも、『どんな人間かある程度判断できるSNSでメンバーを探した方が良いと、しりげ姫は思いますね(^o^)
一番良いのは友人・知人(方向性の違いは無いものとする)ですけど、時代の流れに乗るノデス!

『流れを見極めな まずものともせず行こうぜ Here we go』
by CORE PRIDE



最初はバンドを楽しくやっていてくれていた(多分…)穏やかな逃げ恥君でしたが、県内屈指のブラック企業に勤めていたので、段々と病んで荒んでいく様を見ていくのは辛かったですね…。
あと彼は機材がたくさん詰める車に載っていたので、ほぼ毎回運転させてしまい、お礼がエナジードリンクのみという酷いことしちゃったわ…。

f:id:shirigehime:20200720111405j:plain


逃げ恥君をどんなキャラで売り出そうか悩みました。
彼は顔が良いので女装させたら案外イけたので、『男の娘』キャラにする事に決定しました。

f:id:shirigehime:20200827180121j:plain
↑逃げ恥君


f:id:shirigehime:20200826112942j:plain
↑逃げ恥君との思い出(2014年)

 

Twitterバンド垢&ブログ作成

しりげ姫は、始業の一時間前に会社へ到着し、制服に着替えて休憩室でゴロゴロする習慣がありました。
(他の従業員と極力接触したくない)
その時、フと思い立ったのです。

バンドメンバーも揃ったし、Twitterでバンド垢でも作るか…
あとメンバー紹介用のブログも作成するか…

バンド垢を作ったものの「知り合いのバンドなんて無い…」と再び絶望。
とりあえず知人達やイングヴェイ・マルムスティーンの名言(迷言)をつぶやくbotをフォローしました。

最初の頃のバンド垢は、しりげ姫が完全に私物化し下らない事ばかり呟いていました。

「今日も小陰唇が震えている」

「装着していた『おりものシート』が裏返って、テープ側に大陰唇が付着していたようで、引っ張ったら大陰唇が『ニュ〜』と伸び、ナメクジが発生したかと焦りました」

等。


実に下らない

f:id:shirigehime:20200827175913j:plain


滅多にライブなんてしないから、宣伝することも無い。
バンドに関しては、練習後のラーメン画像をあげるぐらい。

なんだかんだやっていたら徐々にフォロワー数が増えていき、Twitterのおかげでバンドは認知されるようになりました。
これもTwitterに己の恥部をアップする事を許してくれたメンバー達のおかげです。
筋肉ダルマの肉体目的の男性からフォローされたりもしました。

f:id:shirigehime:20200826113359j:plain
↑筋「俺のきゃんたまを優しくフワフワして良いぞ?」


ブログには、各メンバーのプロフィールページを作成しました。
しりげ姫の独断と偏見で『二つ名的なやつ』も加えました。

筋→豪腕パワー系池◯ 筋肉ダルマ
B→菊門快楽求道者 BJ
逃→アニクラ系男の娘(どちんぽ)逃げ恥
姫→嫉妬と怨恨の睾丸破壊者 しりげ姫


『好きなアーティスト』の所は全員イングヴェイにしました。
※しりげ姫だけ『豚貴族』

f:id:shirigehime:20200827214036j:plain


プロフィールは事実を嘘を練り混ぜたモノをしりげ姫が勝手に作成し、「これでいいよね?(威圧)」と事後報告するので、オス共に決定権なんてありません。
バンドの表向きのリーダーは基地筋ですが、裏で牛耳っているのはこの私、しりげ姫なのです。

f:id:shirigehime:20200817171644j:plain




おまけ

しりげ姫は服のセンスが無い。
それに加えて衣類に関してドケチである。
たかがTシャツに1000円以上出せるはずがない。
故にリサイクルショップで1000円以下の物を好んで買う。
中古以外では、主に『GU』『しまむら』『アピタ山東店のバーゲン』で買う。

ある時、出会ってしまった…
アピタ山東店のワゴンセールで、500円という破格の値段で売られていた、運命のTシャツを……

f:id:shirigehime:20200826104418j:plain

えっ!?
やだ何これ!?
凄い魔女感を感じる!!
これを着れば、アタイも魔女っ娘に…!?
しかも500円…!
私に買ってほしくて、今の今まで自身の存在を消していた…!?

f:id:shirigehime:20200714160316j:plain


しりげ姫は迷いなき購入をし、バンド練習に着ていきました。

プクゥ…w
あいつら、私のハイセンス★ネコTにびっくりするぞ…www
プキキィ…www



しりげ姫のTシャツを見て、オス共から歓声があがった。


だっせえええwwwwwwwww


f:id:shirigehime:20200717114040j:plain


どうやらハイセンスが過ぎたようで、チンカス共にこのネコTの良さが通じなかったようね…。

しりげ姫は他の人間からの評価を求め、SNSでネコTをアップしてみた。

ひなたそ「両端の模様がなければ、いけるかもしれません…!」

ひなたそに気を遣わせてしまった…!!
これは低センスな代物だった…!!

f:id:shirigehime:20200718115239j:plain


しかし一度買った安服は着倒す習性のある神、しりげ姫。
着倒して最終的に脇に穴が開いたので、即捨てた。

このTシャツは『伝説のネコT』という名前で、一部に語り継がれている。

f:id:shirigehime:20200826104418j:plain
↑伝説のネコT

その36 完。