しりげり〜な☆

しりげ姫です。姫御子です。30代後半に突入したリアルなメスの慟哭がここにある。

サブビッチ後日談 前編『発見』

バンドのレジェンド★メスとなったサブビッチさん
「彼女のその後を知りたい」と思っている人達が一定数いるのかもしれない…。
そんな方々にプレゼントフォーユー、そしてギブミーメニメニマニー。
彼女のその後をご報告致しましょう。
そしてこの暗君『しりげ姫』の地獄の執念を見せつけて差し上げましょう。

f:id:shirigehime:20201011213708j:plain
↑暗君


 

※この後日談は「バンド戦記」を余さず読んでいないと不明な点が大量に出現しますが、読んでいない者は置いてゆくスタンスでGOGOしております故。
ごゆるりと。

 

 

 

サブビッチに対する異常な執着

2009年にサブビッチさんと完全に縁が切れて早数年。
しりげ姫はたまにSNSで彼女を探しました。
やっぱり気になるのです、あの穴兄弟量産メスが。
サブビッチさんへの異常な執着。

f:id:shirigehime:20200707163305j:plain


彼女はバンドをクビになってからmixiを退会しており、その後はmixiに彼女らしき人物は見当たりませんでした。

『あの自己顕示欲高い高いサブカルメスがSNSやってないわけないだろうがっ!』

その後Twitterでも探してみましたが、見つけることは不可能でした。

『富山の濁った空の画像を撮影して「#イマソラ」とかポエムとかアップしてそうな気がするんだよなぁ…』

f:id:shirigehime:20200916121405j:plain

Facebook

◯2013年
しりげ姫は友人からFacebookを勧められました。

本名で登録…だと!?

f:id:shirigehime:20200930225044j:plain


ネットリテラシー高い高いメスのしりげ姫は躊躇しました。
インターネッツに本名を載せるだなんて…!!
ネッツやり始めの時にアングラサイトに出入りしていたアングラ姫には、到底理解できるものでは無かった。
しかし友人達は全員本名でやっている。
自分だけ「沢尻毛エリカ」と明らかな偽名を名乗るわけにはいかない。
名前はローマ字にする事で妥協しました。
アイコンは来々亭のラーメン。
ヘッダーはジョジョ一部の↓にしました。

f:id:shirigehime:20201009231526j:plain
↑当時個人的に流行っていた画像

Facebookは実名で交流するSNSですが、しりげ姫は皆さんご存知の通り性格的に会社の人・過去の同級生達と繋がることはせず、彼らの現状を徹底的に調べ尽くすという完全に間違った使い方をしておりました。

良い玩具ゲットだぜ!

当時はFacebook全盛期。
ありとあらゆる人間の名前を検索し「全体公開でそんなん書くなよ(^o^)」と、それはそれは新しき愉悦を覚えました。

そこで思い出したのです。

サブビッチさんはいるのか?

彼女の名前(仮名:山田花子で検索しても出てきません。
「あの子、激烈こじらせ女子だから本名でやってない率が高めだな…」とさっさと見切りを付け、次に調べたのは「イケギタ君」でした。
こちらはあっさりと発見して拍子抜けでした。
彼の友達一覧にいましたよ、サブビッチさんが。

f:id:shirigehime:20200818131237j:plain


彼女はやはり本名ではなく「hanaha naco」みたいな名前で登録してやがった。
どうやらサブビッチさんとイケギタ君は別れず、ずっとお付き合いが続いている模様です。
つまんねぇな…よかったね(^o^)

f:id:shirigehime:20200728230300j:plain

まぁ妊娠させた相手に別れを告げるなんて極悪な事、優しいイケギタ君には無理ってもんよ。
だもんよ。
過去に様々な男を渡り歩いたサブビッチさんも、ようやく安心できる運命の人(ワラ)と出会えたんだね。
でもその幸せは、しりげ姫達を蹂躙して掴んだ幸せ。


オマエ幸せになれると思うな

f:id:shirigehime:20200713180316p:plain



サブビッチさんの公開範囲が『友達の友達』までだったので、彼女の投稿は見ることはできませんでした。
しかしイケギタ君の投稿へのコメント、彼の勤め先の人・彼の友人へのコメントを次々と発見し、しりげ姫は喜びと共に恐怖を感じました。

この子、イケギタ君の交友関係を全て把握して、彼らと(表面上)仲良く交流してやがる…!
支配型…!
支配型や…!!
イケギタ君の友達を全員調べ上げたしりげ姫もなかなかの異常者だけどさ…!!


しりげ姫、大胆にもイケギタ君に「久しぶり〜!元気?」陰キャに似つかわしくない陽キャみたいな軽いノリでメッセージを送って、友達申請をしてみました。
勿論内心ドキドキパラダイスですよ神。
すると彼から「お久しぶりです、元気ですよ^^」と返事をもらい、あっさり友達に追加してもらえました。

f:id:shirigehime:20201013212812j:plain


君、カタイ子(方言)過ぎるだろ…!!
サブビッチさんが知ったら「どうして?どうしてしりげ姫と繋がったの???」と不安になる確率高いのに…いや、彼女も25歳ぐらいになって精神的に落ち着いたのかもしれない。

イケギタ君と友達になったしりげ姫はサブビッチさんの投稿が閲覧できるようになりましたが、彼女はあまり投稿しておらず極めてつまんねぇメスでした。
バンド内にいた頃の彼女の音楽への熱い想いは何処へやら、彼女はイケギタ君共々、バンド・音楽から離れていました。
早いな(^o^)

しりげ姫はサブビッチさんには友達申請しませんでした。
イケギタ君はライブを共にした大切な元バンドメンバーですが、サブビッチさんはもう友達だと思っていません。
それに彼女は本名で登録していませんので、もし人違いだったら困りますし。

f:id:shirigehime:20201013213209j:plain



◯2014年
Facebookでイケギタ君の会社の女性が『結婚式しました!』と報告していました。
彼女の投稿にサブビッチさんが「おめでとうございます!」とコメントをしたら、「ありがとう!今度はサブビッチちゃん達の番だね!」と返信がありました。
更に結婚式二次会の幹事をしたイケギタ君の写真がアップされていて、彼の左手(反転していたら右手)の薬指に指輪が…。
どうやら結婚秒読み(結婚した?)らしいですね。
別に良いんですけど、子供は作らないで欲しい。
本当に。


◯2016年
しりげ姫、久しぶりにFacebookにログインをカマしました。
なんということでしょう。
しりげ姫の友達一覧からイケギタ君が消えていました。
「あれ?友達解除された?」と焦りました。
しかし彼の友人・会社の人の友達一覧からもイケギタ君が消えていました。
どうやらイケギタ君はFacebookを退会したようです。

サブビッチさんはまだFacebookを続けておりましたが、リアル友人にはコメントを付けているのに、イケギタ君の友人・会社の人へのコメントが一切無くなっていました。
ネヲチに関してだけ異常に直感が冴え渡る神・しりげ姫は「これは何かあったな」と感じ取りました。

『二人は恐らく破局した。サブビッチさんはイケギタ君の交友関係を把握する為に、彼にFacebookをやるように要請。そして破局した現在、イケギタ君がFacebook退会という流れ』と邪推しました。

SNSはインスタが流行中。
しりげ姫は何度目かの宇宙からのダウンロード(exeファイル)しました。

これは…宇宙神
神からのお言葉がexeファイル(添付:トロイの木馬と共に我が脳内に注ぎ込まれてくる!!

サブビッチさんはインスタをやっています…そしてそこで自撮りやポエムをアップしています…彼女を探すのです…
探して…
サガシテ…


脳内神から神託を受けた『神託のしりげ姫(女型の奇行種)はサブビッチ調査兵団団長に任命されましたが、彼女の発見は困難を極め、何の成果も得られない日々が続きました。

f:id:shirigehime:20201009232852p:plain


インスタ編

◯2018年正月
しりげ姫、久しぶりにFacebookに華麗にログインしました。

しりげ姫がFacebookにログインする時はネヲチ目的しかないのだ!
いい加減にするのだ!

サブビッチさんの友達一覧を見たら「何か増えてる…?」と違和感を感じ、じっくり見ていくと県内にあるアパレルショップが増えていました。
そのアパレルショップがインスタをやっていたので「インスタのフォロワーにサブビッチさんがいる!!」と確信しました。


根拠のない確信


これがしりげ姫、天から授かった特殊能力…!!
(※場は限られている)

このアパレルショップをフォローしている約1,000人の中から、サブビッチさんを探す旅に出ました。

f:id:shirigehime:20200714160316j:plain



あのインスタバエ 大量に湧くのは
どこかに君を 隠しているから
たくさんの意識高い系が 懐かしいのは
あのどれか一つに 君がいるから

さあ出掛けよう 彼女に関する
全ての 記憶脳に 詰め込んで
サブビッチが残した 不快な思い出
サブビッチがくれた この猜疑心

f:id:shirigehime:20201009234336j:plain


「これじゃない、これじゃない…」と上から一人ずつチェックしました。

このような作業はしりげ姫にとって、全く苦ではないのだ!
会社で毎朝読み上げる無意味な社訓の方が、圧倒的に苦なのだ!


持病(眼精疲労顎関節症&重度の肩こり)がしりげ姫を蝕む中、アカウント名が「hanaco882109(仮)」の女性を見つけました。
サブビッチさんと同名ですがよくある名前なので、特に期待せずにチェックを始めました。
この垢は「なんかオシャレに撮ろうと試みている足元に落ちているゴミの写真」「ポエム」で占められていて、たまに自撮りが上がっていました。
その顔はしりげ姫の記憶にあるサブビッチさんとは合致せず、「似ている気がするけど、こんなに森の紳士系霊長類の顔立ちじゃなかったハズ…?もうちょっと愛らしい顔だったハズ…??」と混乱しました。
彼女の自撮りはよくある加工してあるものでは無く、威嚇するような表情&中指を立てて挑発するような表情ばかりアップしていました。

f:id:shirigehime:20201012213217j:plain
↑挑発系森の紳士


しりげ姫は「この人は違う」と判断したら即チェックを止めるのですが、彼女の投稿を読み進めました。
何か…何かを感じる…。

この女性がサブビッチさんかもしれないと思ったのは、顔ではなく指の形でした。
彼女は所謂マムシ指」で、この垢の女性もマムシ指だったのです。

f:id:shirigehime:20201009233421j:plain
↑「マムシ指」と呼ばれる指の形


更にサブビッチさんと思われる箇所がいくつかありました。
・サブビッチさんのFacebookのアイコンと同じ画像をアップしている。
・この女性の母親の名前が、サブビッチさんの母親と同名(サブビッチさんは母親を「◯◯さん」と名前で呼んでいた)
・風景写真がサブビッチ家の近所(しりげ姫と彼女は割と近所なのでわかる)
・垢名の数字がサブビッチさんの誕生日を入れ替えたものと気づく
・彼女の誕生日に「年を一つ取りました」との記事があった←ここでサブビッチさんと断定

自撮りのサブビッチさんの左手の薬指には指輪が無く、「イケギタ君と破局した可能性が極めて高いな」と考えました。

f:id:shirigehime:20201014125828p:plain

30歳近くになってもこじらせメスなのは不変でありましたが、彼女はA氏と違って地頭が良く語彙力もあるので、小説の感想やポエムもA氏よりも読みやすかったです。
この2人は似たもの同士なので、偶然再会して意気投合して下北沢で同棲して共依存になって共倒れしてサブカル聖地の藻屑と化して欲しいですね。

彼女は病んでいる内容の記事もアップしていました。
しりげ姫、心の底から安堵しました。
そのまま精神的に苦しんで長生きしてください。
ふみゅ★

f:id:shirigehime:20201014125405j:plain


しりげ姫は『サブビッチさん発見記念』としてサブビッチさんの愚行を書き記したブログを限定公開し、極少数に披露しました。
ついでに彼女の自撮りスクショも晒しました。

当時の彼女はサブカル女子特有?の「エライ短いオカッパ」だったので、地下まこから「『笑ってはいけない』のハマタに似ていますね」と言われて衝撃が走りました。(顔も若干似ている)

f:id:shirigehime:20201009223215j:plain
ハマタ

これ以降サブビッチさんは、しりげ界隈(極狭)ではハマタ』『サブカルハマタと呼ばれることになりました。
ちなみに基地筋しりげ姫『くぱ』『くぱ田(仮名)さん』と呼んでます。

由来は「くぱぁ」です。

dic.nicovideo.jp

 

 
中編『観察』へ続く。